令和2年4月10日

古くて新しい沖縄の地酒「IMUGE」の確立に向けて
令和2年度企画公募仕様書(Webでの記事制作および発信活動)

業務目的

平成30年夏から試験製造販売を行い。令和1年度に泡盛酒造所3社にて、古来より琉球・沖縄において庶民に親しまれていた地酒「芋酒」を現代の技術を用いて「IMUGE」として復活させました。
これまでの販売実績と消費者から得られる感触、そして、県内での原料確保や製造インフラなどからも「IMUGE」には大きな可能性があると確信しています。しかしながら、沖縄でも長年忘れられていた幻のお酒であり、沖縄の農業と共に生産を拡大させ、産業として形にしていくためには認知度向上活動が不可欠です。
特に離島に多く所在する酒造所にとって県外での認知度向上活動は容易ではなく、本事業ではそれらを補完するために実施します。

本事業の中核事業であるプロモーション活動を企画して頂き、皆様方の衆知を賜りたく公募させて頂きます。

業務概要

Webでの記事制作および発信活動

企画提案内容

Webでの記事制作および発信活動

Webでの記事制作および発信活動
予算:370万円
ターゲット層 30代~40代向け
対象エリア:全国(特に東京を主軸とした関東エリア)
時期:7月中旬~8月末
業務内容:Web記事制作及び配信
達成目標:1500PV/情報接触数